ブリスベンに6カ月間留学。収穫もあったがほろ苦い思い出も

総額で約230万円掛かった。

 滞在した場所はブリスベンで、期間は6ヶ月間です。留学の目的は、英語力の習得で、就職活動で、エントリーシートの特技の欄に、「語学留学を経験している」と書きたかったからです。留学費用は、6か月分の学校関連の費用(入学金、授業料、留学生向けの保険料など)が約90万円掛かりました。  生活関連の費用として、2食付きのホームステイ料と交通費、小遣いなどを入れて約90万円掛かりました。それ以外に直通の航空券や、留学全体の保険料、留学エージェントによる留学サポート費用などで約50万円掛かりました。留学費用の合計は、それらの費用を合計して、約230万円になりました。

ホームステイ先の選定でトラブル

 私は初めての留学だったので、ベテランのホームステイ先を選んでくれるように、担当の留学エージェントに念入りに頼みました。留学初日に、担当の留学エージェントがホームステイ先に案内してくれました。しかし着いたホームステイ先は、留学生の受け入れが初めてで、慣れていないのか、雰囲気も悪かったので、「話が違う」と紹介してくれた留学エージェントに連絡したら、「ベテランのホストファミリーだ」と繰り返すだけで、取り合ってくれませんでした。留学斡旋会社に連絡して事情を話すと、担当のエージェントから連絡がきて、すぐに別のホームステイ先を手配してくれることになりました。

ホストファミリーの子供がかなりのやんちゃだった。

 次に斡旋してくれたホームステイ先は、ベテランというほどではありませんでしたが、何回か日本人留学生の受け入れ経験のあるホストファミリーだったので、「良かった」と思って安心しました。ホームステイを始めた頃は、ホストファミリーに何の問題もないと思ってましたが、ホストファミリーの子供がかなりのやんちゃだったようで、連日夜中に友達を連れて来て、お酒を飲んで騒ぎ出しました。しかたなく毎日耳栓を付けて寝ていたため、目覚まし時計に気付かないことが多くて、学校に遅刻しまくりました。私のオーストラリア留学で担当してくれた留学エージェントは外れでした。早めに別の担当に変えれば良かったと反省しました。

24歳男性(ブリスベンに6カ月間留学)