失敗からも多くを学んだ1カ月半のロンドン留学

ロンドンに約1カ月半滞在

大学生の頃に休学して短期ではありましたがイギリス留学に行ったことがあります。ネイティブな英語力を身に付けたかったからという理由と、親が留学の費用を出してくれると申し出てくれたのが重なって実現した海外留学でした。滞在した場所と期間としてはロンドンに約1カ月半、留学の目的は英語学習と現地交流でした。交換留学生ではないのでそこまで長期での滞在ではありませんでしたが、現地での生活は想像していたよりは快適で、とくにネット環境が常に整っていたのが嬉しかったです。

留学エージェントには不満なし

留学の準備に当たっては、留学エージェントを利用させてもらいました。留学に関する知識が我が家族の誰もが持ち合わせていなかったため、留学サポートの専門業者や団体を利用するほかなかったからです。留学エージェントに関してはとくに不満はありません。十分なサポートをしてくれたので感謝の言葉しかありません。

恥をかいてしまったことも多かった

ただ、イギリス留学で得たものも多かったものの、失敗したことも多いので現地で恥をかいてしまったことも一度や二度ではなかったと思います。例えば日本と違いチップの支払いが必要なことを忘れて、レストランなどでチップを従業員の方に渡さずに怒られてしまったり、イギリス人がジョークを言う際にも意外と毒舌であることに気付かず本気で傷付いてしまったり、日本ほど水道水が安全なわけではないことを忘れて、水道水を一気飲みしてお腹を壊してしまったりと、思い返すだけでも恥ずかしいエピソードが一杯です。

より簡単な単語で話しかけてくれた

逆に言語の壁での失敗は少なかったと言えます。リスニングが上手に出来なかったとしても、伝えたい言葉がスムーズに出てこなかったとしても、こちらが英語の不慣れな日本人だと相手側が理解してくれて、より簡単な単語で話しかけてくれたり、こちらの頭の中が整理されるまで待ってくれたりしたからです。失敗も多かったとは言え、イギリスに留学したこと自体は後悔していません。いい経験が出来たので、今後の人生で活かしていきたいと考えています。